So-net無料ブログ作成

2010年1月川越城中ノ門堀跡 [川越観光]

2010年1月撮影。整備工事中の川越城中ノ門堀跡。
100117川越城中ノ門堀跡1.jpg
いつの間にやら、本格的な整備が始まっていた。

長い間埋もれていた部分が。
100117川越城中ノ門堀跡2.jpg
貴重な遺構。堀のカタチが残る場所は、ここが唯一。

2009年10月末撮影、中ノ門堀跡。
091030川越城中ノ門堀跡.jpg

2009年3月末撮影。
090329川越城中ノ門堀跡.jpg
中は草ボウボウのままの方が、堀跡っぽくて良かったかも。

手元の資料には、この堀跡の古い写真が掲載されている。
その写真には、辛うじて窪んだ場所であるのが判るほど、もこもこと草木が生えている様子が写っている。
いつ撮影とは明記されていないが、1995年発行の本なので、その頃あるいはそれ以前のものだろう。

この堀跡、つい最近発見されたというわけでもないのだ。

近隣に市役所、商店、学校等がある住宅地。
よく何も建てられずに、今まで残っていたものだと思う。


説明板。
100117川越城中ノ門堀跡説明板3.jpg

左のイラスト:上が堀跡入口イメージ図、下が堀跡整備イメージ図。
100117川越城中ノ門堀跡説明板1.jpg
右の文章:この堀跡に関する簡単な解説。
「この堀跡は、城の西大手門から本丸方面に向かう道を屈曲させ、敵の直進を妨げる為に作られた防御施設です。」

地図の赤い部分が、この堀跡の位置。
100117川越城中ノ門堀跡説明板2.jpg

堀があった時代の屈曲した道筋も、一部残っているのが判る。
川越城堀跡の位置.jpg
川越城本丸御殿修復工事、仮囲のグラフィックシートの地図から。

工事は平成22年3月12日まで。
100117川越城中ノ門堀跡3.jpg
2010年春オープン(予定)。




手元の資料。絶版。運良く古書を定価以下で入手。
わが町川越歴史散歩―小江戸の残照

わが町川越歴史散歩―小江戸の残照

  • 作者: 小泉 功
  • 出版社/メーカー: ルック
  • 発売日: 1995/01
  • メディア: 単行本
普通の観光ガイドにはない記述多数。
あとがきによると、同書は1981年10月~1994年8月まで「川越朝日」に連載したものの中から抜粋、加筆訂正したものだそうだ。
連載分全部読みたい。ぜひ出版して欲しい。

nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。